ワードプレスで特に商用サイトを運営している際、例えば価格表のように、複数のページに同じ内容を掲載するケースがあります。

ただ、これらの掲載内容に変更があった場合、すべてのページの項目を手動で変更する必要があります。
これでは効率面においてスマートではありません。

そこで今回は、1箇所で管理した特定の項目内容を、必要なページに出力し、その上で内容を変更すれば、ページに表示されている内容が連動=置換されるようにする方法を紹介したいと思います。

ショートコードを利用する

functions.php に置換させたい内容を記載する

functions.php に以下のようなコードを加えます。
今回は例として、ショートコードをhoge、後々置換できる項目を<table>で記載しています。
お好みで調整してください。

ショートコードを出力する

functions.php で任意のコードを定義すれば、あとはページの中で出力させたい任意の位置で、下記のショートコードを記述すれば、内容をそのまま表示させることができます。

また、これ以降でショートコードの内容を置換したいタイミングが出てきた際には、functions.php の内容を変更すれば、コードを記載しているページの内容すべてが、自動的に新しい内容に置き換えられるといった按配です。

置換するというよりは、『表示元の情報を置き換えて出力表示させる』といった表現の方が正しいかもしれません。

 

記事本文の中にアドセンス広告を表示する

本記事の趣旨と少しずれますが、上記のショートコードを利用すれば、ブログ記事本文の中(任意の位置)にGoogleのアドセンス広告を表示することも可能です。

ただし、コンテンツを上回る広告表示は、Google広告のガイドラインから外れる行為でもあるため、やり過ぎには注意しましょう。

あとは、上記と同様に任意の箇所で下記のショートコードを記載するだけで、手軽に広告を表示できるようになります。

 

ショートコードをサイドバーなどのテンプレートファイルで利用する

上記までは固定ページや投稿ページの本文の中で使用する場合ですが、サイドバーなどのテンプレートファイル内で使用する際には、下記のように記述します。

以上がワードプレスのショートコードを利用して項目を置換する方法の内容です。
うまく利用してサイト運営の効率化を計りたいですね。

関連する記事

PAGE TOP

copyrights PRINT TABLE